【手続き1】要介護認定を受ける

1.申請

市町村の窓口で申請できます

市町村の窓口「介護保険課」へ本人または家族が申請(申請書は市町村の担当窓口にあります)。行けない場合は、長寿安心支援センター(地域包括支援センター)や居宅介護支援事業所で代行してもらうこともできます。

arrow

2.訪問調査

ご自宅へ市町村などの調査員が訪問します

介護度が決まる基礎となる大切な調査。
職員が自宅などを訪問して、心身の状況について聞き取りを行います。この時の状態がのちの認定へ影響を及ぼします。

arrow

3.審査・判定

コンピュータ判定と特記事項、主治医意見書で介護度が決定

訪問調査の結果からコンピュータによって行う一次判定の結果と、訪問調査の特記事項、主治医意見書などをもとに専門家による審査会での二次判定によって介護度が決定します。

訪問調査結果+主治医の意見書

arrow

4.認定の通知

「要支援 1・2」または、「要介護 1~5」の認定で介護サービスが受けられる

申請から約1ヶ月以内に認定結果と介護度が記載された保険証が届きます。

要支援 1・2
  • サービス提供事業所を選ぶ
  • 長寿安心支援センター(地域包括支援センター)でケアプラン作成 をしてもらう(「予防を目的」としたサービス)
要介護 1 ~ 5
  • 施設入所か在宅サービスかを選ぶ

施設へ入所する場合:施設のケアマネジャー(介護支援専門員)に ケアプラン作成 をしてもらう 「維持、改善のため」のサービス ※本人か家族が直接、施設に申し込みます

在宅サービスを利用する場合:居宅介護支援事業所で ケアプラン作成をしてもらう「維持、改善のため」のサービス

 

 

高齢者定期巡回・随時対応型訪問看護

児童発達支援事業所「子育ちサポートくっく」

Back to Top