S様は末期癌による余命3ヶ月の宣告を受け病院に入院されていましたが、延命は望まれず平成27年5月29日に旭ヶ丘園にご入所されました。

入所されたときの写真


入所後、お孫さんが結婚式を挙げられる事が決まり、日程は 10月11日 市内結婚式場
S様は『たった一人の孫。結婚式で挨拶をしないといけない』とお食事を頑張って摂られるようになられました。
スタッフもお孫さんの結婚式に出席して頂きたい思いで体調管理に心掛けました。
しかし8月ごろから容体が少しずつ悪化。
10月の式に出席するのは難しいと判断しカンファレンスを開きました。

カンファレンスの様子


カンファレンスではご家族の思いを伺いスタッフ一人一人の思いを語りS様が式に出席する希望を捨てずにどのような形でS様に孫さんの晴れ姿をみて頂けるか・・・
幾度の話し合いの末、「近くの錦江湾公園で前撮りをした足で爺ちゃんのいる旭ヶ丘に寄ってもらいました!」という設定でS様に見せて家族写真を撮影しようという事になりました。

孫さんとの写真


当日、S様には内緒で孫さんと撮った思い出の写真をご家族に探していただき S様から孫さんへプレゼントしてもらおうと準備しました。
そして他の入居者様にもお孫さんの晴れ姿を一緒にお祝いして頂きたく、入居者様から一輪ずつ新郎新婦に渡す花を準備。
スタッフがウエルカムボードや風船を飾りレッドカーペットを敷きスタンバイ。
S様には家族写真を撮りにくるからと娘さんがスーツを準備し正装。

準備の様子 新郎・新婦の記念写真


赤絨毯の沿道にたくさんの入居者様が参列し盛大な白書を送る中、ウエディングドレスとタキシード姿のS様のお孫さん夫婦が晴れやかに入場!

花嫁のご挨拶


入居者様もみなさん感極まって歓声と涙しながら一輪ずつ新郎新婦へ渡しておられました。
そしてS様、担当スタッフと入場 最後に爺ちゃんから一輪の花と写真を孫さんに。

S様はお孫さん夫婦の姿に涙が止まりませんでした。
そしてお孫さんも涙・・・。
崇高な瞬間に立ち会わせて頂き、会場の参列者が感涙に咽びました。

S様の晴れ姿 祝福のご挨拶

20151001 9


そして9月23日 午後23時59分、S様は旭ヶ丘園の居室にて、ご家族、スタッフの見守る中、眠るように永久の旅路につかれました。

S様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。


また一つ・・・命のしずくを掬うお手伝いをさせて頂けました事にスタッフ一同深く感謝しています。
S様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

高齢者定期巡回・随時対応型訪問看護

児童発達支援事業所「子育ちサポートくっく」

Back to Top