生に向き合う看取り

人生の総まとめの時期の1日1日を、どう生きるのか。
私たちの仕事は「今を生きる」ことへのサポートですが、
ある意味では入所されたときから、看取りケアは始まっているともいえます。
看取りの時期になってからの介護以上に、日ごろの援助こそが大切。
その方やご家族との関わりを大事にし、
よい人生だったと思っていただける生活を作っていくこと。
その延長線上に、その人らしさを尊重した看取りケアがあると私たちは考えます。

 

看取りとは口から食べることも、水を飲むこともできなくなった時期をいいます。
大切な方の死をどのように受け止めるか。
それには、さまざまな価値観が存在し、
看取る立場にある家族の思いも揺れ動くことが
普通のこととして考えられます。
ご家族が旭ヶ丘園での看取りを希望された場合は、
そのときの状況に応じて、家族と何度でも話し合い、
ご本人の思いに添えるようケアにあたります。

 

充実した生と、安らかな死を迎えるための終末期。
私たちは、その方の命がご家族に繋がり、
永延のものとなるお手伝いをさせていただきます。

看取りケア
(長年共に過ごしたご入所仲間の皆様も最期のお別れを。)

高齢者定期巡回・随時対応型訪問看護

児童発達支援事業所「子育ちサポートくっく」

Back to Top