ショートステイ|ご利用案内

冠婚葬祭や病気などの理由で在宅での介護ができないとき、高齢者の方が短期間お泊りでき、ご家族に代わって身の回りのお世話をご提供いたします。

利用のご案内

利用をご希望の方

担当のケアマネージャーを通してお申込みください。

TEL.099-210-5822/FAX.099-210-5823

(介護相談どころ 旭ヶ丘園)

旭ヶ丘園の居宅介護支援事業所はこちら

ご利用条件

短期入所生活介護 介護保険の要介護認定で要介護1~5に認定された方が、ご利用できます。
介護予防
短期入所生活介護
要支援1、要支援2の方がご利用できます。

サービス内容

入浴

入浴イメージ

  • 入浴又は清拭を週2回行います。
  • 寝たきりでも機械浴槽を使用して入浴することができます。

排泄

排泄イメージ

排泄の自立を促すため、ご利用者の身体能力を最大限活用した援助を行います。


機能訓練

機能訓練イメージ

機能訓練指導員等により、ご利用者の心身等の状況に応じて、日常生活を送るのに必要な機能の回復又はその減退を防止するための訓練を実施します。


健康管理

健康管理イメージ

医師や看護職員が、健康管理を行います。


その他自立への支援

その他自立への支援のイメージ

  • 寝たきり防止のため、できるかぎり離床に配慮します。
  • 生活のリズムを考え、毎朝夕の着替えを行うよう配慮します。
  • 清潔で快適な生活が送れるよう、適切な整容が行なわれるよう援助します。

利用料について

ご利用者の所得によっては、ご負担額の軽減措置が適用されます。保険者の認定が必要です。

おむつ代、洗濯代(特別なものを除く)は介護報酬に含まれています。
医療費は含まれておりません。

料金表

ご利用者の要介護度に応じたサービス利用料金から介護保険給付費額を除いた金額(自己負担額)と食事の費用をご負担いただきます。

所得の低い方は負担が軽減されます。

サービス利用時には、居住費(滞在費)と食費が利用者の負担となります。
介護保険では、所得や市町村民税の課税状況から、ご利用者が4つの段階に区分されており、第1段階から第3段階の方は申請により負担が軽減されます。

利用者負担段階対象者

第1段階
  • 市町村民税世帯非課税で老齢福祉年金を受給している方
  • 生活保護を受給している方
第2段階
  • 市町村民税世帯非課税で、合計所得金額と課税年金収入額の合計額が80万円以下の方
第3段階
  • 市町村民税世帯非課税で、第2段階に該当しない方
第4段階
  • 同じ世帯内に市町村民税課税者がいる方
  • 市町村民税を課税されている方

※支給限度額を超えた分の利用料は全額自己負担分となります。
※連続30日を越える利用(自己負担分含む)はできません。

 

高齢者定期巡回・随時対応型訪問看護

児童発達支援事業所「子育ちサポートくっく」

Back to Top